Python3 + virtualenv

2019-04-19

MacにPython3とvirtualenvを設定する手順です。

環境

  • macOS 10.14.4

インストール

1. Python3をインストール

https://www.python.org/ からMac OS X用のインストーラをダウンロードして、インストール実行。

2. virtualenvをインストール

# インストール
$ pip3 install --user virtualenv

# 完了
Installing collected packages: virtualenv
  The script virtualenv is installed in '/Users/takakd/Library/Python/3.7/bin' which is not on PATH.
  Consider adding this directory to PATH or, if you prefer to suppress this warning, use --no-warn-script-location.
Successfully installed virtualenv-16.4.3

3. インストール先ディレクトリをPATHに追加

# ~/.bash_profile

PATH="/Users/takakd/Library/Python/3.7/bin:${PATH}"

参考: virtualenv

virtualenvの使用

個別の仮想環境を作る。

# 環境の情報を保持するディレクトリを作成
mkdir -p ~/virtualenv/env1
#  - そのままだとMac標準のpython2.7の環境となってしまうため、-pで3.7を指定
virtualenv -p python3.7 ~/virtualenv/env1

# 仮想環境に入る = 有効化
source ~/virtualenv/env1/bin/activate

# 仮想環境から出る = 無効化
deactivate

補足

pythonの細かいバージョンの変更をしたい場合は、pyenvで可能なようです。

© takakd 2018